ちらしの裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく主張してみた。
最近どうも、原発事故が多いようです。
泊原発1号機を立ち入り検査
・浜岡原発
柏崎刈羽原発ぼや
ちなみにこれがどれ位の危機管理の足りなさかというと
原発がどんなものか知ってほしい
(記者の平井さんは原発の現場監督をし、
放射能により癌で死んだ方です。)
平井さんと浜岡住民との対話
(文字化けする可能性があります。
その場合は「shift-jis」エンコードを変更して下さい。)
上記のソースをみていただければ、放射能漏れはありません。
という発表の信憑性のなさがご理解いただけるかと思います。

さて、踊り子の発表やモグキャップの転売等、
FFXI内でもそれなりにニュースはあるのですが、
とりあえずモグキャップを3個購入した場合、
約10万程の現金収入が見込めるという事で、
アイテム課金の類をやるなら自社でやって叩かれてください。
ネット乞食育てるのそろそろ辞めましょうよ■さん^^;;;

以下はFF関係ない原発の記事掘り下げです~。
◇ここから放射能とか原発の話◇

放射線はシャワーで洗い流す事で多少取れるそうです。
近隣地域の方は外出後必ずシャワーに入る事を薦めます。

ただ、埃などから内部に取り込む被爆の被害はかなり大きく、
また防ぎようもないとの事。具体的な対策は

・ 牛乳などのミルクは飲まない。
・ 野菜をさける。
・ 屋外のプールでは泳がない。
・ 芝生に寝転ばない。
・ 子供を砂場で遊ばせない。
・ 雨が降ったら外に出ない。
・ 長時間屋外に出ない。
・ 頻繁にシャワーを浴び、髪を洗う。
・ 床を拭く。
・ 妊婦や子供はできるだけ屋内にとどまる。

これを知識としてもっておくだけでも違うようなので
周辺地域の皆様、くれぐれもご用心下さい。

なんとなく怖いものだと説明してもわからないと思いますので
以下詳細はそれぞれどういう事か。
僕が調べたつたない知識の中で説明してみます。
間違ってたら修正とか突っ込みいれてね><;

◇被爆とは
放射線を浴びる事です。
レントゲンを取る時も「被爆した。」という表現が適切です。

◇どれくらいからが危険なの?
日本では「年間50ミリシーベルト」を超えないように
という安全規定ラインがありますが、
それ以下であっても白血病やガンにかかる可能性が極端に上がります。

今の日本が守っている年間50ミリシーベルトが
非常に危険であると1990年にICRP(国際放射線防護委員会)
が指摘をし、20ミリシーベルトに下げよう勧告が出ています。
しかし、今の半分以下の勧告を受け入れたら、
もう定検工事そのものがやれなくなる為受け入れていません。

◇1ミリシーベルトってどれ位の量?
人体は年間およそ2.4ミリシーベルト(世界平均)の
自然放射線に常にさらされている。
(一日当たりにすると0.000657ミリシーベルト)
原子力発電所周辺では0.022ミリシーベルト以下の場合
安全であると発表していますが、
漏れていないならそんな事を発表する意味がなく
これ以下なら漏れていないと主張する為のラインです。
実際に放射能漏れは発生しています。

1日0.022ミリシーベルを被爆しているとなると
1年間で8ミリシーベルトを軽く超え
蓄積する性質から数年間近隣地域にいるというのは
大変なリスクであると考えるべきです。
(また0.022ミリシーベルなら安全という根拠はありません)

放射線を短期間に全身被ばくした場合の致死線量は、
5%致死線量が2シーベルト、
50%致死線量 (LD50) が4シーベルト、
100%致死線量が7シーベルトと言われている
(wikiより)
小さい子供はもっと影響が強いとの事。
短時間で集中して被爆する事で危険性が増す。

◇どうやれば防げるの?
防護服を着ていてもほとんど防げません。
危険を伝える放射能測定器は防護服の内側で鳴ります。

◇原発の事故って何が問題なの?
臨界事故といわれるものが最大級です。
基本的には放射能漏れが問題になります。

◇臨海事故とは?
原子炉内で想定外の核分裂連鎖反応が起こった事象を指す。

発生場所から数十メートル以内にいる作業員は
重傷または死亡に至る高い危険性にさらされ、
発生場所の付近には放射性物質が放出される危険が生じる。

核爆発のようなものを起こす事はめったにありませんが、
エネルギー的は高速増殖炉文殊で使用しているプルトニウムが
「約一・四トン」、長崎の原爆で「約8キロ」です。
爆発・放射能・被害距離
どれをとっても世界一の被害になる可能性を秘めています。

ちなみに発生当時日本では公表しませんでしたが
既に2~3回の臨界事故が起こっているのと
隠蔽されていると言われています。

(´ω`;)ちょろっと調べただけでこの程度に危険です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
調べ方が杜撰ですね
>1日0.022ミリシーベルを被爆しているとなると
1年間で8ミリシーベルトを軽く超え
蓄積する性質から数年間近隣地域にいるというのは
大変なリスクであると考えるべきです。

恐らくこの数字は六ヶ所村再処理工場での評価値だろうと思いますが、この値は年間値です。
一般公衆に対する原子力施設による被ばく線量限度は1ミリシーベルト/年に法規で制限されております。
8ミリシーベルト/年なんてのは原発内部での作業員被ばく平均値より遙かに大きいですよ。

他にも色々と間違いだらけですので、もう一度調べ直される事をお勧めします。


2007/09/30 (日) 17:16:02 | URL | レイニー #fgOEFuZY[ 編集]
>>レイニー様

ご指摘どうもありがとうございます。

さて、情報が杜撰であるのは承知しております。
また、レイニー様が足跡から推測するに、
ソース元があまり好きでない事も把握いたしました。
今回の記事の立場としましては、
放射能の危険性と、危険性を無駄に煽るだけではない為の対策をちょっと調べた記事という認識でいてくれると幸いです。
書いた本人はwikiを斜め読みした程度の知識でございます。
またゲームブログの性質上、
これ以上踏み込んで調べる事もないと思います。

お手間だとは思いますが、可能であれば数字上の修正ではなく、
民間で誰にでも出来る簡単な対策でも教えていただけると
読んでくださる読者様の為になると思います。
もしよろしければご参考下さい。
2007/10/01 (月) 17:30:02 | URL | びぇ #-[ 編集]
難しいですが
びぇさん

原子力関連の問題については専門家やメディア取材記事でも間違うことが多く、色々難しい面が有ります。
従ってネット情報のみに頼るのは危険かも知れませんが、反対・推進両方の立場を良く咀嚼すればそれなりに有益な情報を得られる可能性は有ると思います。
その場合特に数値的な問題は、加工された二次三次情報を鵜呑みにするのは危険です、最初に公表されている一次情報とその意味を読み解く必要性が有ると思います。

そう言う意味合いでは公的機関で公表されている文書などを見るべきだろうと思います。
なんだ御用機関のデータかいなと思われるでしょうが、ATOMICAと言うデータベースには原子力に関する様々なデータや資料が収蔵されていますよ。

職業被ばくの実像は中央登録センターでの集計値が唯一信頼できる一次情報になります(何故なら国内全ての職業被ばく実績が此処に登録されるからです)。
平成17年度の分布表を見れば、5ミリシーベルト/年以上の被ばくをした作業員は4000人強ですが、全体の被ばく線量に占める割合は、なんと約6割にも達する事が読み解けます。
また20ミリシーベルト/年を極力越えないような状態で管理されている事も判ります。

原子力は危険な技術です、その点は疑いようのない事実です。但し危険だからと言って実情をねじ曲げてまで喧伝する事は風評被害などを助長するだけの効果しか得られません。
正しい知識を蓄積し、正当な批判を行い原子力業界への圧力を与える事は必要ですから是非頑張って下さい。

なお対策とされているものは、全てチェリノブイリ級事故発生時のものであり、通常運転時に留意すべき事は何も有りません。

2007/10/02 (火) 09:33:47 | URL | レイニー #fgOEFuZY[ 編集]
|  そうだね、     |
|  プロテインだね!! |
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(´・ω・`)   n
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ /
=(こ/こ/ `^´
)に/こ(

2007/10/02 (火) 15:36:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ノ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. ニュース.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。