ちらしの裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだ。レベル上げにいこう。
最近暗黒AF初めてとりました。
AF2じゃないです。60までに揃えるアレです。
正直ザイドのきめ台詞語呂悪いと思いましt

次のAFは獣か・・侍か・・

【CM】相変わらず空装備販売してます。【CM】
【CM】お問い合わせはお気軽にどうぞ。【CM】


さてさて、最近みた面白かったネタ
少年犯罪増加は統計の数字トリック
少年犯罪増加の統計はなかなか興味深い。
視覚的な数字の操作はされてると思ってはいたものの
印象操作のうまさに脱帽。一番切れ易い世代は昭和35年だ今畜生!
凶悪犯罪の発生率とかになると、今少年犯罪で話題になってる
母子殺人事件位理不尽な事件は多発してたと思う。
犯人をメディアが取り上げるせいでおかしな事になってますがね。

山田悠介ビュー記事
山田悠介先生の作品はリアル鬼ごっこ見ただけだけど
もう二度と読まないと思う^^
なぜ読まないかはレビュー記事で空気読んでください(^ω^#)

炊飯スレ
炊飯スレは正直意味がわからない人の方が多い気がする。
VIPよりも前の前向きにネタに乗っていく空気の純度に
昔の2chは良かったという意見がでるのもうなずける。
オーディオマニアにはどっかんどっかんのはず(´¬`)

以下、ちょっとしたFFの記事は折り込みでっ!
戦士/モの可能性
現在両手斧強化の為、
戦/モの食事に幅が出てきたように感じます。
(侍/戦を二人使って心眼回しでも全然強いんですけどね!!)

個人的に傾向として
 黒・召喚・青が
希望だし状態で余りやすく、
 盾・赤or白の
確保が難しいと感じているわけですが、
前3後衛3のオーソドックスなPT編成であれば、
戦士/モは強力な盾として活躍が可能でした。

◇なぜサポモ?
・その1
空蝉1のみの時代は詠唱成立が難しい為、
最初の6回(空蝉1⇒空蝉1)以上回避するのが難しい。
よって命中を確保すればカウンターの発動と大差が無い。
・その2
HPが増える。
ただそれだけの事がちょっとした事故に耐えれたりします。
・その3
VITが高い。
両手斧はVITボーナスがある為WSの強化にもなります。

(´・ω・`)片手斧+盾でも
盾スキルと命中に自信があればいいと思います。
但しタゲの強さが違うので両手斧を推奨します。
※一部コリブリ戦では槍を推奨します。

◇基本的な戦い方
MPはシーソーというテクニックを使います。
後衛で必ず一人は座ってMPを生産し、
残りでケアルシャワーをする為後衛のジョブを選びません。

バーサクとディフェンダーは
よっぽどの事が無い限り使い続けるのはやめましょう。
デメリットが大きいです。

WSは「ためる」をしてから使用する事

◇食事効果による性能の違い
カルボナーラ
⇒HP/攻撃力/防御力の3種を満たす理想的な食事。但し高い。
 WSは使いたい奴を使えばいいと思います。

肉系
⇒攻撃力がかなり高く、カウンターの威力も上がります。
 メインアタッカー+盾という鬼ジョブになります。
 WSはシルブレorシュトorレイグラ推奨

防御系
⇒MPに依存せずに両手斧であればそこそこのタゲが取れます。
 攻撃力が下がる為残り二人の前衛の攻撃力に依存する為
 戦闘時間が延び。
 結果的に時給がよろしくない可能性があります。
 WSはシルブレorアマブレ推奨

寿司系
⇒片手斧+盾の使用を推奨。
 ランペが無い限りまず両手斧より弱いです^^


◇希望だしが少ない状況のレベルあげ感想
メンバーが思うようにそろう事が少なくなりました。
ゆえに、多少変な構成でも仕方なくなってきたのかなと思います。

後衛に召喚が2いればブリンガを回して
前衛3人サポ戦でもいけるかもしれないし
ナイトや暗黒がメインヒーラーになったっていいと思うし
からくりやりゅーさんをヒーラーにしてもやれますし。
ナイトにリフレがないときはサブ盾するのもいいと思う。
昔よりもPTの自由度が上がっていると思います。
(人がいなくて選べない為)
何をやってもいいとは思わないけど、
今の野良PTがジョブスペックを
調べるのにともていい環境ですので

(・w・)今こそ皆さんも色々試してみたらいかがでしか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ノ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. ニュース.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。